ロボアドの選び方

ロボアドは、いろいろな投資会社が独自に開発していますので、投資会社によってその機能は大きく異なります。

今回は、ロボアドを利用する場合に、どのようにロボアドを選べばいいのか?という点についてご紹介させていただきます。

ロボアドの種類

ロボアドには、大きく分けて資産運用の方向性のアドバイスを受けられる「アドバイス型」と、投資自体をAIに任せる「資産運用一任型」の2種類のロボアドがあります。

  1. 投資信託や資産運用についてアドバイス(助言)をする
    カンタンな設問等に答えることにより、あなたの性格や投資の方向性を判断して、おすすめの投資信託を教えてくれるロボアド。【アドバイス型】
  2. あなたの代わりに AIが資産を運用する
    預けた資産を決めた投資方針に従ってロボット(AI)が自動で資産を運用してくれるロボアド。【資産運用一任型】

1つ目の「アドバイス型」は、ロボアドに対していくつかの質問に答えることで、ロボアドがAI等で判断して、最適なアドバイスを行うという機能を重視しています。

2つ目の「資産運用一任型」は、同じようにいくつかの質問に答えることで、ロボアドがAI等で判断して、最適な投資銘柄を購入するという機能を重視しています。

つまり、ロボアドを投資する際の助言とするのか、ロボアドに投資を一任するのかによって、選択するロボアドが異なるということになります。

ワンポイント

ロボアドの「アドバイス型」と「資産運用一任型」は自動車の「カーナビ」と「自動運転車」に例えられます。

  • 「アドバイス型」
    資産運用の方向性を教えてくれる。
    カーナビと一緒で「ゴールまでの道のり」を教えてくれる。運転は自分で行う。
  • 「資産運用一任型」
    投資方針に沿ってAIが資産を運用する。
    自動運転車と一緒で「ゴールを設定すると自動で目的地に向かって」走る。

ざっくり分けると、アドバイス型は指南を参考に自分で投資を行い、資産運用一任型は資産運用を丸投げすることが出来ます。

アドバイスを受けることを目的としたロボアド

ロボアドによって、いろいろアドバイスは受けるけど、最終判断は自分で行いたいという方は、ロボアドが「アドバイスを行う」という機能を重視します。

例えば、野村證券の「野村ゴールベース」や、SBI証券の「SBI-ファンドロボ」は、アドバイス型のロボアドとして有名です。

投資を一任することを目的としたロボアド

ロボアドが決めた投資案件をそのまま購入したいという方は、ロボアドに「投資を任せる」という機能を重視します。

例えば、SBI証券の「WealthNavi for SBI証券」や、ウェルスナビの「WealthNavi」が有名です。

注意点として、ロボアドに投資を一任する場合、ロボアドは分散投資を前提として投資先を決定します。

そのため、投資先が決まっている場合や、投資案件を細かく調整したいという方は、アドバイス型ロボアドを選択する必要があります。

このように、ロボアドは大きな2つの目的のために開発されています。

そのため、ロボアドを選ぶ前提条件として、自分がロボアドに何を求めているのかをはっきりと認識したうえで、最適なロボアドを選択する必要があるのです。