THEO(テオ)

THEO(テオ)のサービスの紹介

最近では、投資に関するアドバイスを直接窓口まで出向いて教えてもらうのではなく、自宅に居ながら手軽に相談できるロボアドのサービスが増えつつあります。

しかし、ロボアドには、アドバイスを受けて最終決定は自分が行うタイプと、投資のすべてをロボアドにお任せするタイプの2種類があり、そのいずれかから選択しなければなりません。

そのため、契約しようとしているサービスについて十分に理解しておかなければ、自分の望むサービスを受けられないということになってしまいます。

そこで今回は、数あるロボアドのサービスのうち、THEO(テオ)のサービスについてご紹介したいと思います。

1.THEO(テオ)のサービス

THEOのサービスは、「ETF特化型一任運用サービス」とされています。

簡単に説明すると、海外ETF(海外の証券取引所に上場している投資信託)を活用した投資について、ロボアドに運用を一任するサービスといえます。

つまり、THEOのロボアドは、投資のすべてをロボアドにお任せするタイプとなり、アドバイスをうけて自分で最終決定を行いたいという方は、目的が異なるサービスとなります。

THEOが国内ETFではなく、海外ETFをターゲットにしている理由は、国内ETFの銘柄が少なく、きめ細やかな分散投資が実現できないためとされています。

2.THEOの特徴

①無料の体験版

THEOでは、無料でTHEOを体験できるサービスが用意されています。

そのため、これまで自分で投資を行ったことはあっても、ロボアドを初めて契約するため、本当に信頼性が高いのかとお悩みの方や、全く投資を行ったことがなく、ロボアドも全く知らないという初心者の方でも、実際に体験することで、どのようなサービスかを事前に確認することができます。

②THEOの手数料

THEOの手数料は、預かり資産額の年率1%(税別)(3,000万円を超える部分については、年率0.5%)という、明瞭な料金体系になっています。

その他には利用料金は発生しませんので、利用者の方に利益が出れば出るほど、THEOの利益も増えるという仕組みになっています。

THEOは、投資のすべてをロボアドにお任せするタイプのロボアドで、海外ETFを使用して、きめ細やかなポートフォリオ等を実現しています。

無料で体験できるサービスもありますので、これからロボアドを始めてみようという方には、利用しやすいサービスとなっています。